0円で運用!お手軽webアプリ開発

こんにちは、ecbeingの野畑です。

前回記事でマインド的な話をしたので、今回はエンジニアっぽいテーマで書かせていただければと思います。

おそらく擦られまくっているテーマかと思いますが、「クラウドを使ったお手軽webアプリ開発」についてです。

業務の中でそれなりにサーバーレスのクラウドサービスに携わっているので、 クラウドを使ってどれだけ楽して労力とコストをかけずにアプリを作れるか試してみました。

続きを読む

Joplinのプラグインを作ってみた

はじめに

はじめまして、プロダクト開発部2年目の川島です。

1年が始まってもう1か月経ちました。
時間の流れは早いですね。

今回初のブログ記事執筆ということで、拙い文章とはなりますが、最後までお付き合いいただけると嬉しいです!

さて、突然ですがみなさんはJoplinというノートアプリをご存知でしょうか?
オープンソース&無料のメモ・ToDoアプリでMarkdown形式でノートを取ることができるアプリになります。

冬休みにプラグインを作ったので、
今回は「Joplinのプラグインを作ってみた!」ということで、紹介していこうと思います!

  • はじめに
  • Joplinとは?
  • 完成イメージ
  • 準備
    • Joplin
    • Node.js
    • Visual Studio Code(VS Code)
    • Yeoman
    • Joplin Plugin Generator
  • プラグイン作成開始!
    • プロジェクトフォルダの作成
    • プラグインのひな型を作成する
    • 開発中のプラグインを導入する
    • 構文を追加するコードを書く
    • ビルドして動作確認してみる
    • 完成したプラグインをインストールする
  • 注意点
  • おわりに
  • お知らせ
続きを読む

スマホ向けアプリ開発のスクラムマスターとしての立ち振る舞い

はじめに

お久しぶりです。イトウです。

当社はECサイト構築をメインの事業においているweb系の会社ではありますが、ECサイトに関連したスマホ向けのアプリの開発もしております。 顧客のOMO施策を実現するためにスマホ向けのアプリの作成に携わっており、日々その導入支援、製品開発をしています。

現在はOMO施策を行うスマホ向けのアプリの開発に携わっています。

本記事は日頃やっている業務の紹介記事となります。同じような立場で働かれている方の参考になれば幸いです。

続きを読む

.NETのプロジェクトファイルをシンプルでDRYにする【その1】

はじめに

こんにちは、アーキテクトの小林です。

今回取り上げるプロジェクトファイルに関する話は、少々マニアックなテーマになります。実際の開発現場でプロジェクトファイルについて機能要件や非機能要件が出てくることはほぼ無く、現実として「意識しなくてもどうにかなる」類のものであるため、知る人ぞ知る知識になってくるかと思います。

とは言え、.NET Frameworkを.NETに移行するという状況になると、プロジェクトファイルの知識は必要不可欠です。 また、.NETへの移行はまだ先だとしても、プロジェクトファイルをシンプルでDRYにすると、運用・保守性が向上することは間違いありません。

この記事を読んでいただくことで、プロジェクトファイルの深淵に触れ、「あぁ、そういうことだったのね」とか「そんな方法もあったのか」という気持ちになっていただけるのではないかと思います。 なお、記事のボリュームが大きくなりすぎましたので、二回の記事に分けての紹介となりますが、ぜひお付き合いいただければと思います。

続きを読む

熟練SEになるために僕がしていること

画像を読み込めませんでした

 

 

こんにちは。
プロダクト開発部2年目の上坂です。

 

みなさんはレビューに対してどのような印象を持っていますか?

SEの方なら、プロジェクトで書いた自分のコードをレビュー依頼すると思いますが、依頼するときにどんなことを意識していますか。

僕はいま熟練SEになるために、設計からテストまで、プロジェクトや外部の方のレビュワーとしてたくさんのコードをレビューさせてもらっています。(もちろんSE作業もしています!)

 

なんで熟練SEにつながるの?って思う方もいるかもしれません。

 

今回は、レビュワー視点からみたレビューの意義についてお話ししたいと思います。


はじめに

レビューとは

「作成された仕様書やコードなどの成果物を開発者とは別の人が詳細に調べ、仕様や要求を満たす内容になっているか、誤りや不具合が無いか、資源の浪費や不必要な冗長さ、極端な低性能などの問題が無いかなどについて開発者にフィードバックする工程を指します

※引用: レビュー(IT用語辞典)

要するに!

要するに、他の人が作ったものを客観的にチェックするので、このチェックの質が成果物の質にも直結する結構重要な役割ということですね!

自分で作ったものを自分で評価するとどうしても主観的要素がまじってしまうため、レビューがいかに重要かがわかりますよね、、、

 

普通はこのような印象を持つと思います(違う印象持っていたらすみません)。でもこれはあくまで成果物とかプロジェクトに対しての話だと思っています。

 

つまり見る視点が違えばその意義も変わるということです。

レビュワーとして動けるようになったことで僕は違う意義を実感することになりました。

レビューの意義~レビュワー視点~

レビュー、それは熟練SEになるために必要なことを学べる、成長の場になることです。

①自分の成果物の質が上がる

➁知識の蓄えや整理ができる

①自分の成果物の質が上がる

ここでの”成果物”は自分が書いたコードや設計書、試験項目書などを指します。 簡潔に言うと自分が製造するとき、レビュー依頼する直前に漏れがないかなど、自分の製造物を客観的に見る意識が高まることです。

似た経験

これに似た経験をしています。バイトとイラストです。

  • バイト

接客業をやっていましたが、バイトをする前は狭い視野の考えでした。接客業をしたことで、「コミュニケーション」「相手の立場になって考えること」「共同作業(チームワーク)で必要なこと」を学びんだことで、レジの会計時とか外食で「ありがとうございます」とか「ごちそうさまでした」など自然と感謝の念が出るようになりました。

  • イラスト

イラストもそうでした。

「絵うまいね!」と友達に褒めてもらうことが多かったのですが、中学までは学校内、市内ぐらいしか交流の場がなかったので「画力が高い」とうぬぼれてました。

でも実際にそのあとSNSを始めたことで、世の中にはもっとうまい人がいること、世間で見たときに普通よりちょっとできるぐらいだったことを見せつけられ、そこで自分の画力、塗りにまだまだ未熟な部分があったことを痛感しました。恥ずかしかったですね。

そのおかげで「何が足りないか」を客観的に知ることができたので画力と塗りを成長させることができました。

要するに

実際に同じ立場に立つことで「大変さ」を実感したり、広いコミュニティーで「自分に足りなかったもの」を客観的に見れたことが理由ですが、これってレビューイ⇇⇉レビュワーも同じことが言えると思います。

レビュワーの立場に立てたからこそ、自分がレビューを出すときにチェック漏れがないかとか、穴(バグ)がないかなど、「客観的に何を見るべきか」細かいところへの気配りの意識が行き届くようになりました。

➁知識の蓄えや整理ができる

要約すると以下の通りです。

  • 学んだことをすぐにアウトプットできる
  • 違う考え方をインプットできる

たしなみ時間や言語の勉強をしたときに得た知識を整理し、それをレビューで活用できるので、定着が早くなりました。 定着すると、「どこに書くべきか」「この書き方の方がいい」根拠もさっと出し、それを提供できるようになりました。あと冗長なコードの書き方もほとんどなくなりました。

 

また、自分が思いつかなかった考えや、同じ処理を実現する別の方法を知ることもできるので、インプットの場としても活用できます。 

さいごに

いかがだったでしょうか。

1日でも早く熟練SEになれるように、今後もレビュワーの精度をしっかり上げ、プロジェクトを丸々請け負えるように頑張ります。

僕の場合は成長するための手段をレビューで見出すことができましたが、どの方法があうかは実際には人それぞれになります。

皆さんも何かを成長させたいと思ったときは、「どの方法がよいか」「自分にピッタリな方法はどれか」をまずは明確にしてみてください。

お知らせ

ecbeingでは新しい技術要素に触れていきたいエンジニアを募集しています!! careers.ecbeing.tech

Amazon OpenSearch Serviceのデータが全消え&ダッシュボードにログインできなくなりました



こんにちは。ReviCo[レビコ]開発チームの金澤です。
本年も当ブログは細く長くを目標に続けていきますのでよろしくお願いします。
今回は、昨年末にOpenSearchが破損した事件についてまとめようと思います。

続きを読む