【就活生向け】ぶっちゃけ新人エンジニアって何してるの?

初めまして! ecbeing新卒1年目の長谷川 啓人です!

1年目の新人であるため全くの無名です。有名になりたいので覚えていってください。

  • はじめに
  • エンジニアの業務って何?
  • Webアプリケーションのフレームワークとは?
  • 実践! フレームワークの活用!
    • 準備してみよう!
    • 開発してみよう!
  • さいごに
  • お知らせ

はじめに

はい、この記事を開いてくださったそこの貴方! そうです! 就活中であるそこの貴方です!
え、就活生じゃない? なら、貴方は今から就活生です。なりきっておいてください。

では、そんな就活生の読者の皆さまですが……新人エンジニアが何をしているのか具体的にご存じでしょうか? 少なくとも、大学生の僕はほとんど知りませんでした。きっと同じような学生の方は多いはずです。

そこで今回は新人一年目のエンジニアがどのような業務に励んでいるのか、守秘義務の限界ギリギリまで紹介してしまいます!

続きを読む

3ヶ月でチャットボットサービスをゼロからリリースするための戦略

こんにちは、ecbeingの太田です。

AI系の製品開発や研究を中心に行っています。

はじめに

最近、私が開発責任者として立ち上げたチームで、「AIデジタルスタッフ」というサービスをリリースしました。

このサービスは、ChatGPTを基盤としたチャットボットサービスです。我々のチームでは「前人未踏のAI開発で世界をリードする!」という壮大なビジョンを掲げています。プロダクトの開発にとどまらず、大規模言語モデルや画像生成AIなども研究しています。

この記事では、AIデジタルスタッフを「3ヶ月でゼロからリリースする」という挑戦的な目標を達成するために実施した、いくつかの戦略をご紹介します。

  • はじめに
  • スモールスタート・スモールリリース
    • スモールリリースの例
    • スモールスタート・スモールリリースのメリット
  • CI/CD環境の整備・効率化
  • Azure OpenAI Service の調査・情報共有
  • AIとの協働・業務効率化
  • 最後に
  • お知らせ
続きを読む

OpenAPIに触れてみた話

はじめに

こんにちは!

ご無沙汰しております、ecbeing 湯上です。

気が付いたら新卒4年目ももう折り返しの季節・・・

時の流れの早さをひしひしと実感している今日この頃です。

さて、今回は業務の一環でOpenAPIに触れる機会がありましたので、簡単に特徴や利用方法などをご紹介しようと思います。

続きを読む

ReviCoのパフォーマンスチューニング奮闘記 その2

こんにちは。ecbeing金澤です。

レビューのSaaSサービス「ReviCo(レビコ)」を開発しています。

  • はじめに
  • パフォーマンス改善のためにやったこと
    • 検索エンジン導入
    • API Gateway + Lambda のサーバーレスアーキテクチャー導入
    • POST系APIの非同期化
    • スロークエリのチューニング
    • LOAD DATA FROM S3 の活用
    • SQS(FIFOキュー)の高スループットモードの活用
    • クリティカルなAPIとそうでないAPIのコンテナを分離
    • Aurora Serverless v2 の導入
    • まとめ
  • おわりに
  • お知らせ

はじめに

前回のパフォーマンスチューニング奮闘記から2年経ち、おかげさまでReviCoは導入170サイト突破、運営母体も(株)ReviCoとして親会社からスピンオフしました。

サービスの成長に伴いどんどん増えるトラフィック量やデータ量に圧倒されつつ、開発チームでは「ReviCo 365」というスローガンを打ち出し(もちろんMicrosoft 365のオマージュです)、365社に導入してもらえるサービス・365日安定稼働するシステムを目指して開発とチューニングを行っています。

今回の記事では、この2年間で実施したパフォーマンス改善施策についてまとめたいと思います。

続きを読む

息抜き C# ~ New Normal なコードの書き方:第07回「生文字列リテラル」 ~

こんにちはecbeingでアーキテクトをやっている宮原です。

New Normal なコードの書き方 の第07回目、今日は「生文字列リテラル」の書き方についてご紹介しようと思います。

  • 「整形されたHTMLを出力したい」
  • 通常の文字列リテラル
    • 通常の文字列リテラルの制約
    • サンプルコード1
    • サンプルコード1の出力結果
    • 通常の文字列リテラルを利用した場合のイマイチな部分
  • 逐語的文字列リテラル
    • サンプルコード2(逐語的文字列リテラル)
    • サンプルコード2の出力結果
    • サンプルコード3(逐語的文字列リテラルの先頭と末尾の改行を削除)
    • サンプルコード3の出力結果
    • サンプルコード4(逐語的文字列リテラルでトップレベルステートメントを使わない書き方)
    • サンプルコード4の出力結果
    • サンプルコード5(逐語的文字列リテラル内にインデントを入れない書き方)
  • 生文字列リテラル
    • サンプルコード6(生文字列リテラル)
    • サンプルコード6の出力結果
    • 生文字列リテラルのココが凄い!!*1
  • まとめ

本記事は 息抜きC# 記事の第07回目です。
第06回目「レコード型」はこちら。

続きを読む

組織にスクラムマスターのコミュニティはありますか?

こんにちは、夏はいかに日陰を歩いて出社できるかチャレンジ中の鈴木です。
今日はスクラムマスターの社内コミュニティ活動をご紹介したいと思います!


  • 背景
  • どんな活動をしているのか
  • コミュニティ活動における課題感
  • カイゼンのためにやったこと
  • 改めて感じる社内スクラムコミュニティの必要性
  • 最後に
続きを読む

ライン長になって感じたマインドの変化3選

実に3年半以上ぶりのエントリーになります、ecbeingの野畑です。

私は昨年度から内部的なチームのライン長をやらせてもらっているのですが、そこから1年ちょっと経った今、考え方の変化や大事だなと思うことを振り返ってみたいと思います。

今回は主に重要なポイントだと感じたことを3つあげてみましたので紹介していきます。

同じようなポジションになりたての方や、そういったライン長を持つメンバーの方は「あるある」とか「なるほどね」と思いながら読んでいただければと思います。

また、同じ悩みを持ってる方の参考になれば幸いです。

  • タスクを全部一人でやろうとしない(委譲を覚える)
    • マインドが変わったきっかけ
      • 周りの助け
      • いい意味での自信喪失
  • 魚を与えるのではなく、釣り方を教える
  • 考え方の発信やフィードバックは日常的に行う
  • 終わりに
続きを読む